2019/11/26

2015年から毎年開催しております「エル・システマ子ども音楽祭in相馬」は今年で第6回を迎えます。
今年のメインは何といってもベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」。
この曲をジュニアオーケストラ&コーラスが全楽章を通して演奏するのは全国的にも珍しい試みです。
子どもたちの大きなチャレンジを、ぜひご支援ください。

《子ども音楽祭にご協賛いただける方を募集しています!!》

 子ども音楽祭にご協賛頂ける方を募集しております。
 ご協賛金は1口3,000円から受け付けさせていただき、当日のプログラム(発行部数2,000部)にお名前を掲載いた...

2019/01/22

2015年から毎年開催しております「エル・システマ子ども音楽祭in相馬」は今年で第5回を迎えます。今年は、オックスフォード大学管弦楽団が来日し、子どもたちとの合同演奏も予定しております。相馬市までは、仙台から電車で1時間、東京からも3時間弱です。今年もたくさんのみなさまのお越しをお待ちしております。

《子ども音楽祭にご協賛いただける方を募集しています!!》

ご協賛金は1口3,000円から受け付けさせていただき、当日のプログラム(発行部数2,000部)にお名前を掲載いたします(万が一お名前の掲載をご希望されない方はその旨ご連絡ください)。...

2019/01/22

2015年から毎年開催しております「エル・システマ子ども音楽祭in相馬」は今年で第5回を迎えます。今年は、オックスフォード大学管弦楽団が来日し、子どもたちとの合同演奏も予定しております。相馬市までは、仙台から電車で1時間、東京からも3時間弱です。今年もたくさんのみなさまのお越しをお待ちしております。

第5回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬

日時

2019年3月23日(土) 14:00~(開場 13:30)

2019年3月24日(日) 13:00~(開場 12:30)

場所

相馬市民会館大ホール(福島県相馬市中村北町51-1)

プログラム 

2...

2018/06/10

アブレウ博士が43年前、ベネズエラで10人ほどの子どもと始めた音楽活動は、今や70以上の国や地域へと広がりました。「厳しい環境で生きる子どもたちに、音楽で力を」というエル・システマの理念はベースにあるものの、それぞれの活動がスタートした経緯や運営体制、資金源などは、環境によって様々です。

数日前、メキシコでエル・システマの活動を立ちあげて4年になるザビエルさんの手記が、The World Ensembleで紹介されました(http://theworldensemble.org/musica-para-la-vida-en-mejico...

2018/04/17

4月15日から横浜みなとみらいホールにて開催されている、第10回国際シニア合唱祭ゴ「ールデンウェーブ in 横浜」。平均年齢60歳以上というシニアな合唱愛好家約4000人が集る一大合唱祭で、今回参加の最年長は96歳だそうです。

この大きなイベントで、「相馬子どもコーラス」が特別招待演奏をさせていただきました。子どもたちは相馬を代表して、郷土の民謡(相馬盆歌、会津磐梯山)や児童合唱のための大作(遠足)、そして、震災復興を描いた歌(ほらね)を披露いたしました。皆、堂々と自信に溢れていて、音楽を通して困難を乗り越え、生きる力を全身で発揮して...

2018/04/11

アブレウ博士の訃報に、私たちが悲しみに打ちひしがれてから2週間あまり。ベネズエラの首都カラカスでは、アブレウ博士の追悼コンサートが開かれました。

『マエストロ、ありがとう!』と題されたこのコンサート。会場となったカラカス・ポリエドロ・アリーナには、アブレウ博士に感謝の気持ちを伝えようと、10701人もの子どもと若者が集まりました。オーケストラ、合唱、白い手袋のホワイトハンドコーラス…。43年前、アブレウ博士がわずか10人ほどの子どもとガレージで始めた活動は、貧富の差や民族、障害を超えた豊かな教育プログラムとなり、世界中でたくさんの子ど...

2017/12/15

エル・システマジャパンを様々な形で応援くださっている、池上彰さんと増田ユリヤさんの新しい本「偏差値好きな教育”後進国”ニッポン」が12月8日に発売されました。

こちらは、以前もご案内した2013年に岩波書店から発売された「突破する教育」の内容をベースにしていますが、今回のポプラ社版新書のために大幅にアップデートされています。フランスのSNSいじめ対策や、フィンランドの原発をテーマにした環境教育等海外のユニークな事例と合わせて、あえて教育”後進国”と刺激的に定義した日本の先進事例として、エル・システマジャパンの取り組みが紹介されています...

2017/11/23

南カリフォルニア大学の最新の研究によると、音楽教育は子どもの頭脳形成や決断力の強化に有効だそうです。

2012年にスタートしたこの研究は、エル・システマ式の音楽教育を取り入れているロサンゼルス・ユース・オーケストラ(YOLA)の子どもたちを対象に、音楽と子どもの成長の関連性に焦点を当てています。YOLAと言えば、あのグスターボ・ドゥダメルさんが音楽監督を務めるオーケストラで、貧困地域の子どもたちも多く参加しています。2年半前には、「相馬子どもオーケストラ&コーラス」の子どもたちもサントリーホールで共演させていただきました。

さて、予備調...

2017/11/03

ベネズエラ、東京、相馬、声、手、目、耳、表情、弦、ラテンアメリカの楽器、拍手…。先月末に開催された『エル・システマ ガラコンサート』は、まさに音楽という名のもとに集まった感性のスクランブル交差点でした。たくさんの出会いがあり、発見があり、インスピレーションの融合がありました。そのなかから、「相馬子どもコーラス」と「東京ホワイトハンドコーラス」の子どもたちの交流の様子をご紹介します。

はじめて大きな舞台を踏んでからほぼ4年になる「相馬子どもコーラス」。これまで外国語を含むいろいろな歌にチャレンジし、さらにはユニークな振付も披露してきまし...