2017/11/23

南カリフォルニア大学の最新の研究によると、音楽教育は子どもの頭脳形成や決断力の強化に有効だそうです。

2012年にスタートしたこの研究は、エル・システマ式の音楽教育を取り入れているロサンゼルス・ユース・オーケストラ(YOLA)の子どもたちを対象に、音楽と子どもの成長の関連性に焦点を当てています。YOLAと言えば、あのグスターボ・ドゥダメルさんが音楽監督を務めるオーケストラで、貧困地域の子どもたちも多く参加しています。2年半前には、「相馬子どもオーケストラ&コーラス」の子どもたちもサントリーホールで共演させていただきました。

さて、予備調...

2017/05/26

ベネズエラで40年ほど前に産声をあげた「エル・システマ」は、今や世界70以上の国や地域で展開されています。この度、ベネズエラのシモン・ボリバル音楽財団が作成した資料をもとに、世界に広がる「エル・システマ」の活動をご紹介するページをエル・システマジャパンのHPに立ち上げました。

世界地図(http://www.elsistemajapan.org/worldwide)でご覧になりたい国や地域を選択していただくと、そこでの「エル・システマ」の情報が日本語で表示されます。さらにクリックすると、それぞれの「エル・システマ」のプログラムが運営す...

2017/04/17

「未来をはこぶオーケストラ〜福島に奇跡を届けたエル・システマ〜」が汐文社さんから出版されました。以前からエル・システマジャパンもお世話になっているライターの岩井光子さんによる著書で、ベネズエラのエル・システマの紹介から始まり、相馬の関係者や子どもたちの様子が生き生きと描かれています。

また、巻末にはベネズエラのエル・システマが輩出したスーパースター、ドゥダメルさんによる「2015年アメリカ国民芸術勲章文化勲章授賞式」でのスピーチも掲載されており、読みごたえのある内容になっています。ひとりでも多くの方に読んでいただけると幸いです。

(Am...

2016/12/23

12月の大槌町にやってきたサンタクロースのような、リチャード・エレジーノさん。緊張した表情でバイオリンやチェロを構える子どもたちに、「歌うように弾いてごらん。ここを世界中で、一番幸せな楽しい場所にしよう」と語りかけました。

リチャードさんはロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団で活躍して37年目を迎える、ベテランのビオラ奏者。軍人だったアメリカ人のお父様と洋裁店を営んでいた日本人のお母様のあいだに東京の蒲田で生まれ、16歳ではじめてアメリカの地を踏みました。その後、ルイ・キーヴマン氏に師事し、22歳から映画やテレビ番組でビオラ演奏の仕...

2016/09/15

「世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ」(原題:Changing Lives)(Tricia Tunstall著、原賀真紀子訳:東洋経済新報社)の続編の英語版が発売になりました。

https://www.amazon.co.jp/dp/0393245640

前回は、アブレウ博士、ドゥダメル氏へのインタビューを中心としたベネズエラの経験、そして米国で始まっている各種取組の解説が中心。今回は、タンストールさん、共著のブースさんが直接リサーチを兼ねて訪問した25カ国で、それぞれ独自に展開するエル・システマ型プログラムの紹介が目的。関係者へ...

2016/08/03

「2015年度 エル・システマジャパン年次報告書」が完成しました。

‪http://www.elsistemajapan.org/#!reports/c1xgt 

今年度の年次報告書は、エル・システマジャパンの活動実施パートナーである、相馬市の立谷市長、大槌町の平野町長からメッセージを寄せていただいたり、現場のスタッフの声を盛りこんだりと、さらに充実した内容となっています。また、昨年に引き続き、外部評価調査報告「相馬子どもオーケストラプロジェクトにおける週末弦楽器教室に関する報告書」の要約も紹介しており、相馬での活動がどのようなインパク...

2015/02/25

 

チケットの売れ行きが好調な「ドゥダメルと子どもたち」@サントリーホール(3月29日)。下記リンクにございます特別な体験ギフトパッケージでのチケットが昨晩より販売となりました。
パートナーとしてご協力頂いたのは、日本で唯一の「体験の総合商社」SOW EXPERIENCEさん。オンライン、そして、百貨店、コンビニでも購入できる、特別に編集をされた体験ギフトカタログがとても好評です。
今回は、サントリーホールの目の前にあるオーバカナルさんでも使用可能なカフェチケットとの組み合わせ(1セット2名様)。そして、代表の菊川の公開リハーサル前の...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive