2020/03/27

4月3日(金), 4日(土)に開催を予定しておりました「世界子ども音楽祭2020 in 東京」は、

新型コロナウイルスに伴う国内外の感染拡大の状況に鑑み、開催を延期いたします。

延期公演については現在調整中ではございますが、

新型コロナウイルスの今後の状況を注視しながら、5月上旬にご案内する予定です(時期は前後する可能性がございます)。

つきましては、チケットの払い戻し手続きをご案内いたします。
 

ご購入先によって払い戻し方法が異なりますので、下記①~③をご確認ください。

払い戻し受付期間は3月28日(土)から4月30日(木)となります。

ご購...

2020/02/29

(English below)

2020年4月3日、4日に東京芸術劇場で開催を予定しておりました「世界子ども音楽祭2020 in 東京」は、
誠に残念ながら延期することといたしました。

新型コロナウイルスに伴う国内外の状況を鑑みて、国内・海外含めた様々な出演者およびご来場いただくお客様が、

安全かつ安心して音楽祭を楽しんでいただけることを最優先に考えた結果、上記の判断にいたりました。

音楽祭の開催に向けて応援・ご支援くださった全ての方々、晴れの舞台に向けて日々練習を積み重ねてきた子どもたちや

それを支えてくださった先生方・ボランティアの皆様の...

2020/01/27

東京ホワイトハンドコーラスのメンバーが昨日、京都の龍光院でパフォーマンス「歌と手歌」を披露してきました。

龍光院の小堀和尚様は、えりか先生とのご縁がきっかけで、長きに渡りエル・システマジャパンを応援くださっています。国宝・重要文化財の建物や美術品が多数所有されており、普段観光向けには公開されていないお寺ですが、子どもたち向けに開催されている「論語塾」に特別にご招待いただき、昨年に続き実現したものです。

プログラムの内容は、子どもたちが考えた歌詞や手歌など、たくさんのアイディアがつめこまれたものでした。出演した子どもたちがパフォーマンスを...

2019/12/31

Foorinの「パプリカ」が昨日、第61回輝く!日本レコード大賞を受賞しました。日本中の子どもたちの、「パプリカ、大好き」から始まって、様々な年齢の大人たちに浸透し愛された、とても美しい歌です。本当におめでとうございます。

今年の秋に結成されたFoorin楽団のメンバーに、「東京ホワイトハンドコーラス」から聞こえないみさきさん(小5)が参加しました。彼女は、先月の日本賞(Japan Prize)においてFoorin楽団バージョンをメインボーカルのもえのちゃんと“手歌”で披露。12月に入ってからは、NHK「みんなのうた」でも流れています...

2019/12/04

東京ホワイトハンドコーラスのみさきさんが手歌で参加するFoorin楽団。12月1日づけで、NHK公式YouTubeページにアップされた「パプリカ」は、既に45万回が再生されています。

全く聞こえないとは感じさせない、躍動的で音楽的な、みさきさんの手歌とダンス。Foorinのもえのさんとのツートップは見応えあります。

また、病気や、視覚、聴覚、肢体障害やダウン症等、様々なチャレンジがある子ども達の、生き生きとした表情、動きが、本当に素敵です。多くの方からのポジティブな感想が、SNSでも、どんどんとアップされています。12月11日(水)、1...

2019/11/29

東京ホワイトハンドコーラスのサイン隊みさきさんが手歌で参加するFoorin楽団。

Foorinの5人のメンバーだけでなく、病気や障害のある子どもたち10人も一緒に子ども達に大人気のパプリカを歌って、踊って、奏でています。

いよいよ、12月1日からは1ヶ月間、NHKみんなのうたで週2回放映されます!

Eテレは毎週日曜日午前7時55分~。総合テレビでは毎週水曜日午後3時55分~の予定です。みさきさんも、楽団の皆も本当に楽しそうなので、是非とも見て下さい。

また、Foorin楽団版パプリカの制作過程を記録したミニドキュメント番組も、Eテレにて12...

2019/11/26

11月24日の東京ホワイトハンドコーラス(TWHC)の練習は、大変特別なものになりました。

TWHCの芸術監督でご指導のコロン先生。ソプラノ歌手としてもご活躍で、毎年夏に、ライフワークとして長崎の浦上天主堂にて「被爆のマリアに捧げる賛歌」を歌われてきています。

このご縁から、カトリック教会の関係者がTWCHにもお目をとめて下さいました。そして、コロン先生が参加されている在京外交団大使夫人を中心としたコーラスグループ(フラワーマダムの会)。昨年11月には、京都で共演させて頂く機会がありましたが、この度、コロン先生を含む7カ国(アンゴラ、英...

2018/11/21

東京ホワイトハンドコーラスは、音からもっとも遠い子どもたち、すなわち聴覚に障害のある子どもたちを中心にした「サイン隊」から始まりました。声で歌詞を歌うのではなく、ろう者の言語である手話を元にして、歌詞の世界をリズム・メロディーに乗せて表現していきます。手話のわかる人たちには、その歌の世界がよく伝わります。また身体から声を出すのと同じように、手の動きや表情に、美しさがあります。


私たちの練習は、歌詞の世界を丁寧に読み解いていくような時間を持っています。想像し、理解し、手話だったらどう表現していくだろう、直訳しない方法もあるな、私はこう...

2018/06/10

アブレウ博士が43年前、ベネズエラで10人ほどの子どもと始めた音楽活動は、今や70以上の国や地域へと広がりました。「厳しい環境で生きる子どもたちに、音楽で力を」というエル・システマの理念はベースにあるものの、それぞれの活動がスタートした経緯や運営体制、資金源などは、環境によって様々です。

数日前、メキシコでエル・システマの活動を立ちあげて4年になるザビエルさんの手記が、The World Ensembleで紹介されました(http://theworldensemble.org/musica-para-la-vida-en-mejico...

2018/06/06

〜みんなの共生社会を目指す芸術活動〜

東京ホワイトハンドコーラス

新メンバー募集中!

対象:視覚障害のある子どもたち(都内在住・通学の小中学生)

新しい出会いのなかで、美しいハーモニーをつくってみよう!

大舞台に立って、世界と交流してみよう!

エル・システマジャパンと東京芸術劇場は、駐日ベネズエラ大使館とトット基金/日本ろう者劇団の協力を得て、障害の垣根を超えたインクルーシブなコーラス活動を立ち上げました。聴覚障害の子どもたちを中心に昨年スタートした“手歌” に今年から声のコーラス隊も迎え、美しい音楽を一緒につくる素晴らしさやみんなと分かちあう...

Please reload

Recent Posts