2020/03/27

4月3日(金), 4日(土)に開催を予定しておりました「世界子ども音楽祭2020 in 東京」は、

新型コロナウイルスに伴う国内外の感染拡大の状況に鑑み、開催を延期いたします。

延期公演については現在調整中ではございますが、

新型コロナウイルスの今後の状況を注視しながら、5月上旬にご案内する予定です(時期は前後する可能性がございます)。

つきましては、チケットの払い戻し手続きをご案内いたします。
 

ご購入先によって払い戻し方法が異なりますので、下記①~③をご確認ください。

払い戻し受付期間は3月28日(土)から4月30日(木)となります。

ご購...

2020/02/29

(English below)

2020年4月3日、4日に東京芸術劇場で開催を予定しておりました「世界子ども音楽祭2020 in 東京」は、
誠に残念ながら延期することといたしました。

新型コロナウイルスに伴う国内外の状況を鑑みて、国内・海外含めた様々な出演者およびご来場いただくお客様が、

安全かつ安心して音楽祭を楽しんでいただけることを最優先に考えた結果、上記の判断にいたりました。

音楽祭の開催に向けて応援・ご支援くださった全ての方々、晴れの舞台に向けて日々練習を積み重ねてきた子どもたちや

それを支えてくださった先生方・ボランティアの皆様の...

2020/02/28

2020年3月21日、22日に相馬市民会館で開催を予定しておりました「第6回子ども音楽祭in相馬」は、中止することといたしました。

これは、新型コロナウイルスに関連した文化庁からの通知、共催者である相馬市および相馬市教育委員会と協議した結果、子どもたちやお越しくださる皆様の安全と安心を最優先に考え、決定したものです。この音楽祭開催を応援くださった皆様、開催を楽しみにしてくださった皆様には、誠に申し訳ございません。何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

今回特に、ベートーヴェン交響曲第9番という大曲に臨み、苦しい思いもしながら、昨年の...

2020/01/31

相馬の管楽器教室は、1年ぶりに発表会を開催しました。フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンを学ぶ23人の小4〜高2の子どもたちが、沢山集まった保護者の皆さんやお友達の前で演奏しました。

注目は昨年9月から開講した初参加のクラリネットです。中高の吹奏楽部でも活躍する4人は、美しいアンサンブルを披露。また初心者のゆうかさん(小6)は、9月に初めて楽器を手にしてからたった5回の練習で、立派に先生とのデュエットで練習の成果を出し切りました。「とっても緊張したけど、練習通り吹けた」と嬉しそうでした。

前回よりみんな格段に上達し、先生...

2020/01/31

来たる3/21(土)、3/22(日)に「第6回エル・システマ子ども音楽祭in相馬」を開催いたします。

今年のメインは、やはり開催2日目に相馬子どもオーケストラ&コーラスが挑戦するベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」。苦難を乗り越え、生きる喜びや人間愛を讃えるこの曲を、度重なる災害に立ち向かう相馬の方々にお届けします。
とはいえ難曲です。弦楽器も管打楽器も、コーラスも、先生や地域の賛助の皆様と共に懸命に練習に取り組んでいます。

一人でも多くの方のお運びをお待ちするとともに、音楽祭の運営にあたり協賛金ご協力のお願いをさせていただきます。...

2020/01/25

フルートアンサンブルが、相馬市勤労者互助会の新春交流パーティーにて演奏を披露させていただきました。

管楽器教室のフルートレッスンに通う中高生と、賛助で元市役所職員の植田さんの5人によるアンサンブル。実は、このようなイベントで(弦楽)オーケストラとコーラス以外の形態で発表をするのは、初めてのことでした。管楽器教室は2017年にスタートしましたが、ようやく管楽器だけのアンサンブルも可能になり、子どもたちが育ってきていることを実感します。

本番では、リハーサルよりもずっと伸びやかな演奏で「上を向いて歩こう」などの3曲をお届けすることができ、植...

2020/01/12

 相馬のひつじ(弦楽器初心者)クラスでは、最近順番で先輩たちに「子どもフェロー」としてレッスンのサポートをお願いしています。

この日来てくれたのはバイオリンのちすみさん(小5)、ゆかさん(小5)、さきさん(高2)の3人。
目の前の子どもがどんな課題を持っていて、どんな風に教えてあげれば改善するのか…教える側に回ってみるとなかなか難しいもの。試行錯誤しながら、隣で一緒に弾いてあげたり、楽譜を指差しながら教えたりしていました。
ひつじの子どもたちも、普段は別々に練習しているお姉さんたちに教えてもらうことが嬉しいようで、早速懐いて休み時間は...

2020/01/09

1月17日夜に慶應義塾大学三田キャンパスで開催致します、外部評価調査報告会(「評価を活かした活動とは」)。相馬、大槌の活動に関わってきた担当者や関係者の現場の声を、東京にいながら直接聞ける機会でもあります。

特に、相馬から参加頂く植田富雄さんのお話は、一人でも多くの方に聞いて頂きたいと考えています。日本でのエル・システマの活動がどのように相馬で始まって、展開してきたかについては、岩井光子さん著の「未来をはこぶオーケストラ:福島に奇跡を届けたエル・システマ(汐文社)」に詳しいですが、植田さんは、まさに相馬のキーパーソンとして書かれていま...

2020/01/08

本日、株式会社パソナグループ様より「相馬市楽器応援募金」にご寄付をいただきました。
東日本大震災後、被災地の子どもたちの心のケアをと、音楽を通した子どものための活動を行われてきたパソナグループ様。エル・システマジャパンの活動には元々通じ合う部分がおありだったということで、この度の相馬市の台風による被害や相馬市楽器応援募金についてご覧になり、ご寄付をいただくこととなりました。

パソナグループ様は、社員や関係者の方々による「夢オーケストラ」を結成され、これまで幅広い演奏活動を行われてきました。大小様々なチャリティコンサートを開催される中で...

2020/01/06

エル・システマジャパンでの指導ボランティアから生まれた「フェローオーケストラ」。

今では指導ボランティアに限らず、エル・システマの理念に共感したアマチュア音楽家たちが集まる団体になりました。

その熱い想いはオーケストラとしての枠に留まらず、子どものための訪問演奏など活動の幅を様々に広げているようです。

2016年のオーケストラ設立以降は、相馬の子どもたちとの合同公演を開催したり、東京のコンサートに集まる各地の子どもたちを支えたり、つい先日は大槌のクリスマスコンサートに有志メンバーが駆けつけてくれたりと、有形無形の様々な形でエル・システマジ...

Please reload

Recent Posts