2019/12/02

台風19号が相馬に大きな水害を与えてから早1月半。浸水被害を受けたエル・システマジャパン、及び県立相馬東高校の楽器、関連備品の修繕、必要な場合の買い替えのための相馬市楽器応援募金に、世界中多くの方々より応援を頂いております。

12月2日(月)21時時点で、国内からは48の個人、企業、団体から総額846469円。海外は、英国オックスフォード大学オーケストラから1250ポンド。米国Global Givingのキャンペーンでは4人から350米ドルのご寄付が集まっています。

温かいご支援に心より感謝を申し上げたいと思います。

幸い、相馬子どもオー...

2019/11/27

週末のオーケストラやコーラスがメインの相馬でのエル・システマの活動ですが、教育委員会との協同事業ゆえ、当初から学校現場での支援活動も重視しています。

相馬のように小さな自治体だと小規模校が中心で、音楽専科の先生は殆どの学校にいません。そうした中、より充実した音楽の授業が提供できるよう、鑑賞教室、リコーダー、ピアニカ等の教育楽器の専門指導、鼓笛隊の支援等をエル・システマジャパンとして行なっています。被災地支援事業でもある文部科学省の緊急スクールカウンセラー等派遣事業の枠組みを使って、地元を中心とした外部人材を活用しています。

こちらは、1...

2019/11/27

来年3月の子ども音楽祭での第九の演奏に向けて、相馬では各パート特訓のレッスンが続いています。
昨日はコントラバス名和先生のレッスン。いまや相馬子どもオーケストラの大黒柱(?)とも言えるかずきくん(高2)ですが、彼にとってもやはり第九はチャレンジングな曲です。

先生のレッスンは、抱える課題に対してとても分かりやすく、ご指導も具体的です。より弾きやすい指遣い・弓遣い、難しいポイントを乗り切る身体の使い方、音色のイメージの仕方、オーケストラの中のコントラバスパートとしての役割など… 仙台フィルハーモニー管弦楽団で副主席として活躍される先生だ...

2019/11/26

2015年から毎年開催しております「エル・システマ子ども音楽祭in相馬」は今年で第6回を迎えます。
今年のメインは何といってもベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」。
この曲をジュニアオーケストラ&コーラスが全楽章を通して演奏するのは全国的にも珍しい試みです。
子どもたちの大きなチャレンジを、ぜひご支援ください。

《子ども音楽祭にご協賛いただける方を募集しています!!》

 子ども音楽祭にご協賛頂ける方を募集しております。
 ご協賛金は1口3,000円から受け付けさせていただき、当日のプログラム(発行部数2,000部)にお名前を掲載いた...

2019/11/24

昨日も報告させて頂いた、23日午後のトヨタさんMEGA WEB東北復興イベントでの相馬子どもオーケストラ出演。

台風19号関連で福島入りをされていた共同通信社竹内記者と、現地の吉川記者が先週末の練習を含めて丁寧に取材して記事を書いて下さいました。

日本各地の地方紙でも配信記事が掲載されていますが、ヤフーニュースにある元記事、そして、日経新聞、東京新聞、地元の福島民友新聞の記事は下記のリンクより。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO5254...

2019/11/23

相馬子どもオーケストラの代表メンバー18名は、昨日お台場MEGA WEBで開催された「いわて・みやぎ・ふくしまフェスタ」にてヴィヴァルディ「調和の霊感」や「相馬盆唄」など30分のプログラムを披露させていただきました。

館内は家族連れや外国人観光客の方々でにぎわい、子どもたちの演奏時にはその音色に引かれてどんどんお客様が集まってきて下さいました。度重なる災害にも負けない相馬の元気を届けたいという、子どもたちの真剣な表情をご覧ください。

演奏後、ちょっぴりお台場散策も楽しんだ子どもたち。バスでお台場を離れ、昨日夜遅くに相馬に帰着しましたが、...

2019/11/21

トヨタさんの東北復興イベント「いわて、みやぎ、ふくしまフェスタ。いよいよ今週末東京お台場MEGA WEBで開催です。

3県の郷土芸能団体に混じって、相馬子どもオーケストラも20人の代表メンバーが参加。出演は明日11月23日(祝・土)14時25分~14時55分です。

プログラムは定番のモーツアルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」やヴィヴァルディの「調和の霊感」や「四季」。そして、「エンターテイナー」、「情熱大陸」、郷土の定番の「相馬盆唄」。指揮もソロも中高生メンバーが奮闘します。

参加費無料で、3県の郷土料理を食べたり、名産品を買ったり...

2019/11/20

相馬子ども音楽祭の第九でクラリネットパートを担うのは、相馬東高校吹奏楽部の皆さんです。

今日は講師の千石進先生によるパート練習が行われました。

元仙台フィルハーモニー管弦楽団クラリネット奏者の千石先生。

「第九の本番は200回はやったと思う」とおっしゃる通りの豊富な演奏経験から、端的で的確なご指導が繰り出されます。
先日の合奏で難しかった部分、落とし込めていなかった部分が理解できたようで、

レッスン中に4人の音は自信も感じられる素敵な音色に変わっていきました。

レッスン後、「みんなとっても良く吹けるね。第九は難しいけど、一緒に頑張って行こうね...

2018/08/11

2018年8月11日、南相馬市ゆめはっとにて、福島市を拠点とする「FTVジュニアオーケストラ定期演奏会」に出演した相馬子どもオーケストラの様子をお届けします。

FTVジュニアオーケストラのメンバーの皆さんと初対面、リハーサルが始まりました。

チェロパート最後列に座った初心者のふたりを、指導の須藤先生が少し心配そうに見守ります。

お昼休みは、お弁当を囲んでFTVの皆さんと交流タイムとなりました。

アンコールのポルカ「憂いなし」、「ラデツキー行進曲」の出番前、

みんなで仲良く最後の練習です。

きちんと席順に廊下に並び、いよいよ舞台裏へ向かいます。

青...

2018/07/02

今年3月の第4回相馬子ども音楽祭も誰もが素晴らしい演奏を見せ、大成功に終わりました。しかしオーケストラのメンバーにとっては、5年間オーケストラを育てて下さった指揮者の浅岡先生とのラストステージでもありました。終演後、達成感もありながら涙を流す子も多く、漠然と不安な気持ちを抱えている子どももいたと思います。子どもたちを全力でサポートしなければと思う反面、どうすれば一人残らず全員で前に進んでいけるのか、私も考えがまとまらない日々でした。


そこでアクションを起こしたのは高校生のメンバーたちでした。翌週には、これからは自分たちが主体となって...

Please reload

Recent Posts