2017/09/29

2016年度のエル・システマジャパン年次報告書が完成しました!相馬市と大槌町での活動アップデートをはじめ、海外オーケストラやアーティストとの交流、子ども音楽祭、作曲教室など、2016年4月〜2017年3月に実施された活動を子どもたちの感想文や写真と一緒にコンパクトにまとめました。今回も報告書のデザインを無償で引き受けてくださった、funaco design studioの舟越一郎先生に心より感謝を申しあげます。

こうして年次報告書でふり返ってみると、2016年度も非常に充実した1年だったことを実感します。フォトグラファーの田頭真理子さ...

2016/12/28

『第3回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬』は、2日目も700名を超えるお客さまが会場を埋め、相馬市民会館はほぼ満席。そのなかで、最初にステージに登場したのは「相馬子どもオーケストラ」の子どもたち。颯くん(小6・普段はバイオリン)の指揮で、コレッリ作曲の「合奏協奏曲集作品6 第4番ニ長調」を披露しました。夏の水田が青々とした時期から取り組んできた作品で、準備は万端ですが、それでも地元の人たちを中心に大勢の聴衆が見守るステージには緊張感が漂います。しかし、子どもたちは颯くんの指揮にしっかりついて、堂々と演奏しました。

続いて、ホルス...

2016/12/27

いよいよ本番を迎えた『エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬』。トップバッターは、相馬市立中村第一中学校、中村第二中学校、向陽中学校吹奏楽部による合同演奏。「前前前世」、「Time to Say Goodbye」、「ディープ・パープル・メドレー」というカラーの異なる演目を3校から集まった中学生たちが、ひとつの舞台で力を合わせて元気いっぱいに表現しました。そして続く高校生による演奏も、相馬高校と相馬東高校吹奏楽部の2校のよる合同演奏。赤いブレザー姿の相馬高校は、バンド全体がひとつにまとまるように基礎練習に励んできたそうです。一方の相馬...

2016/10/24

岩手県大槌町で、エル・システマジャパンのプロジェクトコーディネーターを務める、臺隆明さん。大槌町で生まれ育った、生粋の大槌人です。2013年に「エル・システマ」を旧知の友人を介して知り、プロジェクトの立ちあげを勧められましたが、はじめは関心がなかったそうです。「エル・システマについていろいろ調べたけれど、よく理解できなかったし、大槌に弦楽器は必要ないと思った」と当時をふり返ります。

そんな臺さんが、大槌でエル・システマジャパンの活動立ち上げに動きだし、翌年には大槌町と協力協定を結ぶに至ったのは、「エル・システマ」とはその名通りの「ザ・...

2016/07/05

今や部員が7人になってしまった大槌高校吹奏楽部。長い伝統があるものの、大槌町では過疎化と少子化が急速に進み、その存続も困難な状況です。それでも臺隆裕さんを始めとする大槌町出身の「槌音バンド」の渾身的なサポートをいただき、8人という少人数編成ならではの「ジャズ」で、「全日本吹奏楽コンクール・岩手県大会予選沿岸地区大会」に臨みました。

一方、大槌学園と吉里吉里学園も、合同バンドとして練習に取り組んできました。東北大会にも何度も出場したことのある伝統校の大槌中学吹奏楽部(当時)にとっては、フルートとクラリネットだけでの小規模編成である吉里吉...

2015/04/30

大槌での活動も、バイオリン教室だけでなく、既存の学校の吹奏楽部や金管バンドへの支援も行っています。

 

4月から、大槌では、2つの小学校と2つの中学校が、それぞれ統合されて、大槌学園、吉里吉里学園となりました。金管バンドが、各小学部にあり盛んなのですが、まずは、吉里吉里学園小学部 金管バンドでの活動をご報告。宮古在住の金沢先生にご指導いただいています。

 

金沢先生は、大槌でのエル・システマの活動のコーディネーター 臺も学生時代大変お世話になったという、岩手県沿岸地域では有名な大ベテラン指導者。大変ありがたいことに、チェロから金管楽器と幅広...

Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive