台湾出身のエル・システマ指導者、エリエルさんが相馬へ

January 17, 2017

台湾出身のバイオリニスト、エリエル・ホアンさんが1月8日、南アフリカから相馬を訪問し、「相馬子どもオーケストラ」のメンバーに音楽の指導をしてくださいました。

 

エリエルさんは、米国ボストンにあるニューイングランド音楽院のシステマ・フェローシップ・プログラムにて、ディプロマを取得しました。こちらのプログラムは、アブレウ博士が2009年にTED賞を受賞されたときの賞金で設立されたものです。その後、エリエルさんはエル・システマ発祥の地であるベネズエラでも集中セミナーに指導者として参加するなど、世界中のエル・システマの教育プログラムに関わっていらっしゃいます。

 

相馬では、午前中の初中級者クラスと午後の上級者の最初の分奏を指導していただきました。一人ひとりにコンサートマスターの役を割りふり、呼吸、アイコンタクトの重要性を認識するように促したり、感情を込めて演奏する方法を教えてくださったり、子どもたちには非常にユニークな体験となりました。最後には情感あふれる演奏も披露してくださいました。

Please reload

最近の記事
Please reload