世界子ども音楽祭2020 in Tokyo 4月3日19時開演、4月4日15時開演 東京芸術劇場コンサートホール

東京芸術劇場

コンサートホール

仲間とともに奏で、歌い、多様性と平和を祝おう

《開催延期のお知らせ》

 

新型コロナウイルスに伴う国内外の状況を鑑みて、

国内・海外含めた様々な出演者およびご来場いただくお客様が安全かつ安心して

音楽祭を楽しんでいただけることを最優先に考えた結果、開催延期を決定いたしました。

 

子どもたちの音楽祭に向けた努力が無駄になることがないよう、

現在延期公演を調整中でございます。

新型コロナウイルスの今後の状況を注視しながら、

詳細が確定次第改めてご案内をさせていただきます。

 

ご購入いただきましたチケットや、

世界子ども音楽祭サポーターならびにクラウドファンディングでいただいた

ご支援の払い戻しにつきましては、下記よりお手続きをご案内しております。


<払い戻し受付期間>

チケット: 2020年3月28日(土)〜5月31日(日) ※2020年4月20日変更

音楽祭サポーター・クラウドファンディング:2020年3月28日(土)〜4月30日(土)

引き続き、世界子ども音楽祭を応援いただきたく、何卒よろしくお願いいたします。

​一般社団法人エル・システマジャパン

follow US

 

新着情報

 

音楽祭について

2020年、東京オリンピック・パラリンピックに先駆けて開催される世界子ども音楽祭。
出演するのは、国内で学ぶ300名あまりと世界5大陸からの32名の子どもたち。
生まれ育った環境も言語も、障害の有無もさまざまですが、
共通しているのは南米ベネズエラ発祥の誰にでも開かれた音楽教育プログラム、

「エル・システマ」の理念にもとに集っていることです。


さらに、エル・システマに共感する、国内外で活躍するアーティストたちが集結して、

子どもたちを支えます。


全く異なる言語や文化と出会った子どもたちは、

驚きや戸惑い、不安やもどかしさを感じることもあるでしょう。
しかし、そのような違いを乗り越えて「よい音楽をつくろう」と想いを一つにしたとき、

どのような音楽が生み出されるでしょうか。

子どもたちが挑む最大の難関は、
ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」です。

奇しくも、2020年はベートーヴェンの生誕250年にあたります。
ベートーヴェンが聴力を失う中で苦難を乗り越え、人類の平和への願いを込めて生み出したこの歓びの賛歌は、さまざまな困難に立ち向かう子どもたちに力を与え、

音楽を通してつながりあう喜びを感じさせてくれるに違いありません。

この音楽の祭典にて、多様性と平和をともに祝いましょう。

日本と世界の子どもが笑い合う写真

プログラム

コーラス&室内楽ステージ

日程
2020年4月3日(金) 19:00開演(18:00開場)
場所
東京芸術劇場 コンサートホール
曲目
≪コーラスステージ≫
 上田 真樹 童声合唱組曲『あめつちのうた』 ほか

 
≪室内楽ステージ≫
 サン=サーンス 七重奏曲 ほか
出演
≪コーラスステージ≫
指揮:
 古橋 富士雄
 コロン えりか
ピアノ:
 野間 春美
合唱:
 相馬子どもコーラス
 東京ホワイトハンドコーラス
≪室内楽ステージ≫
 アレクシス・カルデナス(バイオリン)
 辻 彩奈(バイオリン)
 田原 綾子(ビオラ)
 堤 剛(チェロ)
 マレック・シュパキエヴィッチ(チェロ)
 エディクソン・ルイス(コントラバス)
 パーチョ・フローレス(トランペット)
 ゴンサーロ・グラウ(パーカッション)
 萩原 麻未(ピアノ)
チケット
(全席指定・税込)
S席: ¥4,000、A席: ¥3,000
高校生以下・障害者手帳をお持ちの方: S・A席ともに¥1,000

※チケットご購入後のキャンセルはできません
※割引チケットは東京芸術劇場ボックスオフィスのみでのお取り扱いとなります
 年齢確認ができるものや障害者手帳など各種証明書をご提示ください
 (お電話・インターネットでチケットをご購入された方は、ボックスオフィスでの
  チケット引き取りの際に証明書をご提示ください)

オーケストラ&コーラスステージ

日程
2020年4月4日(土) 15:00開演(14:00開場)
場所
東京芸術劇場 コンサートホール
曲目

ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱付き」

パッヘルベル カノン

出演

指揮:

 クリスティアン・バスケス

​ コロン えりか(手歌)
 

独唱:

 大高 レナ(ソプラノ)

 鳥木 弥生(アルト)

 佐野 成宏(テノール)

 高橋 洋介(バリトン)