世界子ども音楽祭を支えるアーティストたち ー①萩原麻未さん

世界子ども音楽祭の主役は世界各国および日本の子どもたちですが、 その子どもたちを支えるため、たくさんのアーティストの方々が参加してくださいます。 今後のブログでは、これらのアーティストの方々も少しずつご紹介していきます。 トップバッターを飾るのはピアニストの萩原麻未さん。 4月3日の室内楽ステージに出演されます。 実は萩原さんとエル・システマにはとても深い関係があります。 知人の紹介で知ったエル・システマのドキュメンタリーを見て心を動かされた萩原さんは、その後ウィーンに来る同オーケストラの公演を聴きに行かれたそうです。 2013年にはなんとベネズエラに渡航し、エル・システマ・ユース・オーケストラ・オブ・カラカス(EYOC)と共演を実現したということで、その行動力に驚かされます。 ベネズエラでの共演を振り返って、萩原さんはこう語ります。 ー実は、家族は私がカラカスに行くことをとても心配していました。確かに治安は良くない国ですし、食べ物なども普段とがらりと変わりますから、私自身も心配がゼロだったとは言えません。 でも結果として、「エル・システマ」が生まれて「エル・システマ」が根付いている土地をこの目で見て、肌でその雰囲気を感じ、「エル・システマ」に一層近づくことができ、素晴らしい経験でした。 (萩原麻未さんオフィシャルウェブサイトSpecial Report「萩原麻未さん、ベネズエラへ行く」より) その後、今度は同オーケストラの日本ツアーが実現し、萩原さんの故郷である広島や東京での共演を経て、その絆を深めています。 また、エル・システマジャパンに対しても、いつも様々な形でご支援をい

世界子ども音楽祭にこめた思い

4月に開催する世界子ども音楽祭。 世界8カ国からの子どもたち、エル・システマに共感するアーティストとの共演、 全員で演奏するベートーヴェンの交響曲第9番など、見どころがたくさんあります。 私は、4月に発表されたこの音楽祭を企画・運営するプロジェクトコーディネーターの募集を見て、 いてもたってもいられなくなり応募しました。 着任して以降、音楽祭に関わる様々な方々からお話を伺いながら、 「何のためにこの音楽祭があるのか?」ということを常に自分に問いかけています。 ベネズエラでエル・システマを創設されたホセ・アントニオ・アブレウ博士は、 「オーケストラは社会の縮図」という言葉を遺されましたが、 この音楽祭もまさにその通り、いえ、より広く世界が凝縮されたものと言えるでしょう。 国籍も言葉も障害の有無も、楽器や歌の習熟度もみんな違っていて、 むしろ共通するものを見つける方が難しいかもしれません。 子どもたちが揃ってからの練習の過程では、様々な違いが戸惑いや不安を生むこともあるでしょう。 「音楽を通してわかり合う」というのは、少し美しすぎる願いなのかもしれません。 しかし、仮に同じものが一つもなかったとしても、 よい音楽を一緒に追い求めることができ、そしてそこから美しいものが生まれうることこそが、 とても大切なことではないかと思うのです。 音楽祭の中心は、全員参加によるベートーヴェンの交響曲第9番。 彼が「歓喜の歌」にこめた世界の友愛へのメッセージは、 きっと子どもたちにも私たちにも力を与えてくれるでしょう。 これから6ヶ月間をかけて、舞台の子どもたちにも、客席のお客様にも、 そのメッセ

子どもたちを支えるアーティストたち/Artists who support the children

<< English follows >> 10月1日の世界子ども音楽祭の発表から早くも6日。 おかげさまで多くの皆様にご関心をお寄せいただき、チケットの売れ行きも好評です。 この音楽祭に参加する子どもたちを支え、さらに彩りを添えてくださるのは、世界で活躍するアーティストの方々です。 本日は、エル・システマの理念に共感し、力を貸してくださる皆様のお名前をご案内いたします。 英語に続いてのご案内をご覧ください。 また、この音楽祭が目指すのは 多様性を受け入れ、尊重し、ともに活かし合う場です。 それを体現するための一つの方法として、本音楽祭のホームページも英語版をご用意しました。 英語を話されるご友人などにもぜひご案内いただければ幸いです。 (トップページ右上より、英語を選択いただくことで英語版がご覧いただけます) http://www.elsistemajapan.org/2020 We are very pleased to announce you that World Children's Music Festival 2020 in Tokyo "Play, sing, and celebrate diversity and peace together" will be held in April 3rd and 4th. We will welcome children from 8 countries as well as children from Japan who all share the value of "El Sistema", a social

世界子ども音楽祭2020 in 東京

2020年4月3日、4日の2日間にわたり、東京芸術劇場にて「世界子ども音楽祭2020 in 東京」を開催いたします! この音楽祭に出演するのは、日本を含め世界の9カ国から集まった子どもたち。 国籍も話す言葉も育った文化も、障害の有無も様々な子どもたちをつなぐのは、「エル・システマ」の理念のもとで音楽を学んでいることです。 音楽経験や経済状況、障害の有無にかかわらず、希望する子どもたちが無償でオーケストラやコーラスを学べるエル・システマ。 この音楽祭を進めるにあたって、世界ではこんなにたくさんの子どもたちが同じ想いの元で音楽を楽しんでいることに改めて気づかされました。子どもたちは、互いに学び合い、音楽を共創し、成長していきます。 そして、この子どもたちを支えるために、エル・システマより生まれた、あるいは エル・システマの理念に共感するアーティストたちが、世界中から集まるこの音楽祭。 彼らのステージにも注目が高まります。 本音楽祭のハイライトは、日本と世界の子どもたちのオーケストラ&コーラスによる、 ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」です。奇しくも、2020年はベートーヴェンの生誕250年にあたります。 ベートーヴェンが聴力を失う中で苦難を乗り越え、人類の平和への願いを込めて生み出したこの交響曲第9番。歓びの賛歌であり、子どもたちにいくつもの試練を与える難曲でもあります。 異なる地で異なる年齢の子どもたちが、また、障害のある子どももない子どもも、試行錯誤を繰り返しながら、練習に励んでいます。 チケットも本日より発売開始。 本特設ホームページでは、今後の様々な新着情報や、日本お

Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • YouTube Social  Icon