東京ホワイトハンドコーラス サイン隊 互いの顔の見える輪になって




視野を広くしてしっかり仲間を見ていないと動けないワーク。それがゲームのように楽しくて、毎回参加する子どもたちにせがまれています。互いの顔の見える輪になって、決めた手の動きを発信した人の両隣の人が、同じ手の動きをします。隣の人というのは円を作っていても自分の横の位置なので、ちょっと見づらいのです。


最初の1回は難なくこなせるのですが、次の発信者は誰がどのタイミングで初めてもよいので、それが同時多発的に起こるようになると混乱してきます。自分の番だと気づかないままだったり、反対に自分の番でないのに誘発されてしまったりで、すぐに止まってしまい、笑いがたえません。


普段は使わない動かし方や反応をするワークを積み重ねています。身体を目覚めさせているようなよい刺激があり、うちの子に合うワークショップだ、健聴の姉妹も参加してみたい、などのお声も保護者からいただきました。

手話を使う家庭で育ったきこえる子どもたちは、小さいころから手話に馴染んでいる子も多いので、姉妹とも参加してもらえるのもうれしいことです。


子どもたちの音楽活動を広げていくために皆様のご支援を必要としています。

最近の記事