1月17日(金)評価報告会のご案内

エル・システマジャパンは、活動を開始した直後から、支援してくださっている方々に対して説明責任を果たすと同時に、私たち自身が活動を見直し、よりよい効果を上げていくためのツールとして2013年度から外部評価を導入しています。

2016年度からは3年間、社会的インパクト評価を活用し、慶應義塾大学SFC研究所による活動成果の見える化を行ってきました。また、その成果をどう良い方向に発展させていけるかを評価者とスタッフとが対話や議論を行ってきました。

子どもたちの成長、地域の人々とのつながり、芸術性を追求すること、それぞれがどのようにつながっているのか、どのような成果があるのか、そしてそれを発展させるためには、どういった行動につなげられるとよいのか。評価のための評価ではなく、日々変化を遂げる 活動にとって、意味のある評価の在り方とは何かを模索し、3か年の間で評価をとおして行ってきたことについて共有いたします。また、関係者によるトークセッションや、質疑応答の時間も予定しております。ぜひご参加ください。

タイトル:エル・システマジャパンの評価から考える「評価を活かした活動」とは

日時:2020年1月17日(金)19時~21時

場所:慶應義塾大学三田キャンパス 東館 6 階 G-Lab   (東京都港区三田 2-15-45)

プログラム(予定): ・ エル・システマジャパンの軌跡 ・ 3か年の評価調査のまとめ ・ 関係者による対話(元相馬市役所職員の植田氏と、大槌弦楽器教室指導者の櫻井より) ・ 意見交換・質疑応答、今後の展望…

申込方法:Web サイトよりお申し込みください https://forms.gle/bwATVmEVrpBayhVr5

定員:約100名

最近の記事