オンライン面談で教わったのは…

回数を重ね、すっかりオンラインに慣れてきた子どもたち。

先週は、学校が再開したこともあり、給食のメニューや、授業の様子について雑談も盛り上がりました。

3月から取り組み始めたそれぞれの課題曲は、音程も安定してきて、弓もたっぷり使いうことができるようになってきました。

そんな中、中学生トリオのかんなさん、みおさん、こころさんはなんと、ヴィヴラートを習うことに!

ヴィヴラートというのは、音に響きを持たせるための左手のテクニックですが、子どもたちからすると、それは上級者向けの奏法です。

全く新しいことを学ぶという、きっと久しぶりの刺激。先生のかけ声に合わせて、嬉しそうに練習をしているのが印象的でした。

(駒ヶ根事業担当:小山)

最近の記事