相馬市楽器応援募金のご報告

相馬市楽器応援募金へのご協力、誠にありがとうございました。国内外から届けられたご寄付の総額は2,406,928円となり、相馬の子ども達が音楽を続けられるための大きな力となりました。

幸い、新規購入することになったのは楽器ケース、マウスピース類のみでした。地元のオアシス、タカノ両楽器店の熟練リペアさんが、ご尽力下さったことにより、ソプラノ、アルト、テナーサックスは分解洗浄と部品交換、チェロとコントラバスも乾燥させ、部分細工することで復活させることができました。また、複数の近隣高校所蔵分も含めて被害を被った10面の琴も、乾燥させ、弦を全て張り替えることで蘇りましたことを報告申し上げます。

3月からはコロナ禍で相馬子どもオーケスラも相馬東高校吹奏楽部も活動できない状態が続いておりましたが、状況が落ち着いている相馬では、制限はあるものの活動自体は再開しつつあります。中止となってしまった第6回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬も、震災から10年となる来年3月に心機一転での開催を予定しております。

これからも、音楽を通して挑戦を続ける相馬の子ども達の活動を見守って頂ければ幸いでございます。

最近の記事