top of page

【東京】活動を支えてくださる点訳ボランティアさん


視覚に障害のある子どもたちも沢山参加している東京子どもアンサンブルでは、全員が歌を耳から覚えていきます。そのほかに、音取り音源や、点字・拡大文字の2種類の歌詞カードを用意し、視覚障害の子どもたちも参加しやすい環境を整えていることが特徴です。



点字の歌詞カードの作成は、「つつじ点訳友の会」の点訳ボランティアさんによって支えられています。様々な商品、駅や施設の案内板、家庭の電化製品などでも点字を目にする機会が多くなりましたが、生活に根差した点字というものはまだまだ不足しています。私たちが目で読み得ている情報を点字に直し、視覚障害のある方に同じ情報を提供するために活動しているのが点訳ボランティアです。



 そうした活動に、東京子どもアンサンブルも練習も支えられています。子どもたちが読みやすいようにと、校正を重ね丁寧に点訳してくださり、点字用紙の綴じ方まで、子どもたちが一番扱いやすい方法にと、隅々まで心砕いて考えてくださいます。

指導者やサポートする先生方にもわかりやすいような配慮をして作成してくださるおかげで、子どもたちは歌詞カードと音を頼りに、沢山の曲を覚えていきます。 子どもたちの歌声と日々の成長は、見えないところで細やかに子どもたちのことを考え、愛情を送り続けてくださる点訳ボランティアさんにも、大いに助けられています。



いつもまごころ込めて支えてくださる「つつじ点訳友の会」の古谷さんからは、

――これからも頑張ってくださいね。喜びいっぱいに、子どもたちが歌の活動を続けられますように――

との、あたたかい応援メッセージをいただきました。



こうしたまごころの支えがあるからこそ、子どもたちは障害の有無に関係なく、それぞれが力を発揮することができます。そして、共に切磋琢磨しあいながら沢山の曲をマスターし、様々な曲・歌詞に触れ、歌う喜び、舞台に立つ経験を味わうことができています。

__________________________________

東京子どもアンサンブルの子どもたちを継続的にご支援いただくマンスリーサポーターの募集キャンペーンを現在開催中です。

「サポーター50人大募集!~見える子も見えない子も歌うコーラス隊~」

皆様のご支援をお願いいたします。



Commentaires


最近の記事
bottom of page