地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を通してのご支援のお願い

ESJ HPふるさと納税素材.jpeg

企業版ふるさと納税を活用することで、最大で寄附額の約9割が軽減され、

実質的な企業の負担が約1割で支援することが可能です。

平成28年度に創設された企業版ふるさと納税は、国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、法人関係税から税額控除する仕組みです。損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、令和2年度税制改正により拡充された税額控除(寄附額の最大6割)により、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されます。

相馬市と協働で、音楽を活用した魅力あるまちづくり、音楽を中心とした子どもの教育環境整備をしています。

1)相馬子どもオーケストラ&コーラスへの指導者

2)指導ボランティアの派遣 鑑賞教室支援 

3)エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬の開催 国外の音楽家

4)交響楽団などとの交流演奏会

エル・システマジャパンが取り組む課題・意義
ESJ 企業版ふるさと納税_edited_edited.png
​ちいさな音楽家たちが相馬と世界の架け橋に!

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)のメリット

①最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されます。

例)1,000万円寄附すると、最大約900万円の法人関係税が軽減 

①法人住民税 … 寄附額の4割を税額控除。(法人住民税法人税割額の20%が上限) 

②法人税 … 法人住民税で4割に達しない場合、その残額を税額控除。 ただし、寄附額の1割を限度。(法人税額の5%が上限) 

③法人事業税 … 寄附額の2割を税額控除。(法人事業税額の20%が上限)

詳細やお問い合わせはこちらをご覧ください。

https://www.city.soma.fukushima.jp/shinososhiki/kikakuseisakuka/keikaku_shisaku/3194.html