top of page

相馬子どもオーケストラ 弦・管の新入生を迎えています


相馬子どもオーケストラの新学期は初夏からです。

今年も弦楽器に6人、管楽器にも3人の新入生を迎え、約2か月が経ちました。


弦楽器メンバーはここ数回、初めて弾くことになる曲の「メリーさんのひつじ」の1段目に挑戦中です。


管楽器教室ではフルート、オーボエ、ファゴットにそれぞれ数年ぶりに初心者が入り、先生方も張り切って教えてくださっています。


オーボエを始めたかのんさん(小4)は、既にオーボエが大好き。



先生から「オーボエは水に弱いから、練習後は中を丁寧にお掃除しようね」と教えてもらうと、「水(水泳)が苦手なの、私と同じだ!」と独自の視点で楽器への愛を表現していて、思わず笑ってしまいました。


これからの成長が楽しみな新メンバーのみんなは、秋以降の発表の機会や音楽祭に向けて、一歩ずつ進んでいきます。



Comentários


最近の記事
bottom of page