1/3

東京子どもアンサンブル

東京子どもアンサンブルでは、子どもたちが互いに認め合い、支え合いながらインクルーシブな芸術活動を行っています。異なる年齢や特徴を持つ友だちと一緒にハーモニーをつくり上げていく経験を通して、仲間を大切に思う気持ち、自分の考えを表現する力、チャレンジする意欲など、多様な社会で生きる力をはぐくんでいくことを目指しています。身近な芸術活動を通し、子どもの頃から多様性をポジティブにとらえていくことで、共生社会の実現へとつながることを願っています。

視覚に障害のある子どもたちも在籍しており、日々の練習では耳で覚えていきながら歌う力を着実に身につけています。これまでに、国内外の演奏家やエル・システマで学ぶ多くの子どもたちと、コンサートで共演し、共に奏でる喜びを分かち合ってきました。

コロナ禍でも感染症対策を十分に行い、状況に合わせてオンライン練習を組み合わせながら対面での練習を続けています。様々な制約を一緒に乗り越え、また一人ひとりが自分の課題に向き合い、日々の練習や舞台での経験を重ねる中で、コーラスとしての結束も一層強くなっています。

共催の東京芸術劇場を拠点に、音楽を通して多様な子どもたちが共に学ぶことで、一人ひとりの可能性がますます輝いていくことを願い、活動してまいります。

​ニュース・コラム(過去の投稿はこちらから)

活動状況

・日々の活動
週1回の練習

・対象者

小学生~高校生(障害の有無を問わず)

・2020年度参加者 20名 

(小学生15名、中学生4名、高校生1名)

・練習場所
東京芸術劇場

☆メンバー募集中☆
詳細はこちらから!

 

活動状況差し替え写真.jpg
TWHC about left.jpg

指導者・講師・関係者

古橋富士雄

(音楽監督(コーラス))


吉川真澄

(常任指導者)  

 

野間春美

(ピアニスト)

東京子どもアンサンブルの歩み

東京子どもアンサンブルは、2017年に「東京ホワイトハンドコーラス」として、聴覚に障害のある子どもたちを中心に、歌詞から手話でオリジナルな表現を主体的に生み出す〈手歌〉の取り組みからスタートしました。翌年からは視覚障害の子どもたちも迎えて、美しいハーモニーと楽しさを追求してきました。

2020年以降、コロナ禍で丁寧に活動をおこなっていく中、それまでのインクルーシブという概念やそれぞれの当事者にとっての”音楽”をとらえなおす機会を与えられました。2022年に名称を「東京子どもアンサンブル」へと変更し、視覚障害の子どもたちが参加しやすい環境を大事にしながら、インクルーシブな社会づくりに共鳴する子どもたちなら誰もが参加できる、高みを目指すコーラスの活動を行っています

2017年

6月 共創の音楽を目指し、聴覚に障害のある子どもたちと共に手歌の活動をはじめる
10月 「エル・システマ・フェスティバル2017ガラコンサート」にて演奏(東京芸術劇場)

2018年

6月 視覚に障害のある子どもたちを中心にコーラス活動を開始
11月 大徳寺龍光院にて演奏(大徳寺龍光院)
12月 「エル・システマ・フェスティバル2018 ガラ・コンサート」にて、ベネズエラのアンサンブルグループ、ララソモスらと共演(東京芸術劇場)

2019年

8月 NHK 2020応援ソング〈パプリカ〉手歌バージョンの制作依頼を受け、東京芸術劇場にて撮影された動画が公開される (NHKウェブサイト)
9月 サラダ音楽祭「オルガンでLet’s SaLaD!」にて演奏(東京芸術劇場)
12月 NHK 2020応援ソング〈パプリカ〉プロジェクト「Let’s PLAY ! ~みんなでつくったFoorin楽団~」へメンバーが参加。「日本賞2019」、ミュージックビデオ、ドキュメントシリーズなどへ出演(NHK)

2020年

1月 大徳寺龍光院子ども論語塾にて演奏(大徳寺龍光院)
12月 『GLOBAL ODE TO JOY』(ベートーヴェン生誕 250 周年記念委員会とカーネギーホール主催の国際的オンラインイベント)に〈歓喜に寄せて〉で参加

2021年

3月 「世界子ども音楽祭2021 in 東京」にて演奏(東京芸術劇場)
9月 「いま、夜が明ける!音楽の光」にて演奏(紀尾井ホール)
10月 Dominant公演と交流会の開催(東京芸術劇場)

 

2022年

4月 名称を「東京子どもアンサンブル」に変更​

主催:

EL SISTEMA JAPAN logo_final(余白ナシ).jpg

共催:

geigeki.logo_2-2small.jpg

協賛:キッコーマン株式会社

​   トヨタ自動車株式会社