top of page

「恵比寿映像祭」で、聾にまつわる映画作品を上映

年に一度、恵比寿の地で開催されている

映像とアートの国際フェスティヴァル「恵比寿映像祭」。

本日より開幕していますが、この映像祭では今回、

ろう者たちの「音楽」を問う映画《LISTEN リッスン》をはじめ、ろうにまつわる4作品が上映されます。


目で生きるろう者の視点を、映画を通じて感じてみませんか。


ろう者のオンガクについて探求するクリエイティブ・ワークショップで講師を務める、

映画作家の牧原依里さん、舞踏家・雫境さんが監督を務めた作品も上映されます。


東京都写真美術館で、ろうの世界に触れることのできる機会、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

最近の記事
bottom of page