top of page

書籍「『LISTENリッスン』の彼方に」が刊行。エル・システマジャパンスタッフも寄稿しています。


2016年に発表され、ろう者のオンガクをテーマにして話題となった

アートドキュメンタリー映画『LISTENリッスン』。

そこから7年経った今、共同監督の雫境さんが編著を手がけた書籍

「『LISTEN リッスン』の彼方に」が刊行されました。


出版に先立ち、5月5日~7日には北千住BUoYギャラリーにて、「〜 視覚で世界を捉えるひとびと」と題する、

ろう者による芸術表現の新たな可能性を模索したアートプロジェクトが行われ、

そのなかで、《LISTEN リッスン》上映 &「『LISTENリッスン』の彼方に」出版記念トークも開催されました。

共同監督のお二人は、映画の完成から7年の歳月の中で、

この映画をきっかけに「ろう者のオンガク」をめぐる議論や考察が一歩ずつ前進してきた過程、

そしてその探求はまだまだ続いていくことを語っていました。

このトーク以外の演劇や上映、関連プログラム各イベントのチケットも、

数日で売り切れになる催しとなったようです。


書籍には、監督たちが語るこの映画づくりの道のりや、

文字起こしされたアフタートーク、対談のハイライト集、研究者による論考などが収められています。


エル・システマジャパンは2020年度に、東京芸術劇場との共催で、監督のお二人を講師としてお招きし、

ろうの子どもたちを中心とした「目で生きる人」のオンガクワークショップを実施しました。


今回の書籍には、担当スタッフである菊川佳代と砂川巴奈歌が執筆したワークショップの所感も収録していただいています。


映画を見た方も、見られていない方にも、「ろう者のオンガク」の存在や、

音楽そのものについて考えるきっかけを与えてくれる一冊です。


「『LISTEN リッスン』の彼方に」 編著:雫境 論創社・2,000円(税別) 現在、Amazon等で購入いただけます。

Commentaires


最近の記事
bottom of page