top of page

【相馬】 オーケストラ初回の合同合奏を行いました


3月の第9回エル・システマ子ども音楽祭に向け、相馬子どもオーケストラは今日初回のオーケストラ合同合奏練習に臨みました。ステージには、大雨にも負けない軽快なスペインの音楽が響きました。


今回のオーケストラのメインプログラムは、ビゼーの<カルメン>組曲第1番・第2番より抜粋。特別に準備した初心者用の簡単譜面も併用しながら、小学3年生から高校3年生までのメンバー全員で演奏します。


スペイン音楽特有の節回しや舞踏のリズムが身体に馴染むにはまだ時間が掛かりそうですが、指揮の木許先生から現地仕込みの演奏のコツをたくさん教えていただき、段々とノリノリになってきた子どもたち。初めての合同練習を、新鮮な気持ちで楽しく終えられたようでした。





カルメンからは、おなじみの「闘牛士」「間奏曲」「ダンス・ボエーム(ジプシーの踊り)」など、全10曲を演奏予定です。


3/23(土)が吹奏楽ステージ・コーラスステージ、カルメンを含むオーケストラステージは3/24(日)に開催します。詳しくは音楽祭ページをご覧ください。


また、音楽祭開催へのご協賛も募集しております。皆様のご来場、ご支援を心よりお待ちしています。

--------------------------

◇第9回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬 イベントページ

◇音楽祭ご協賛へのお願い

コメント


最近の記事
bottom of page