top of page

相馬 音楽祭1日目:吹奏楽ステージ、コーラスステージレポート


3/23,24に開催された「第9回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬」は、2日間でこれまでで最多ののべ1000人近くのお客様にご来場いただき、無事終演いたしました。

2日間に渡った音楽祭を、写真とともに2回に分けて振り返ります。



音楽祭1日目は、この音楽祭では5年ぶりの結成となった相馬市内3つの中学校の吹奏楽部の合同バンドの演奏からスタート。米津玄師「カイト」など3曲を、計70名の合同演奏ならではの豊かな音色と華やかなサウンドで披露してくれました。曲の合間に、各校部長さんから今年の各校の活動の様子も聞かせてもらいました。



後半は子どもコーラスのステージ。まずは「子どもの歌大全集」と題して児童合唱の名曲を取り上げ、子どもたちが元気に前進しながら歌い出す終曲《いま生きる子どもマーチ》で締めくくられました。歌声を通して、未来を担う子どもたちの頼もしい姿が感じられました。



続いては「子どもの夢と祈り」と題して≪オリバー!≫などのミュージカルやディズニーの名曲を集めたメインステージ。子どもたちは、英語と日本語の歌詞を歌いながら全員がソロも担当し、振付や小道具を使った演出も加え、それぞれの曲の特徴や面白さをよくつかんで見事に歌い演じていました。



アンコールのメリーポピンズより〈スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス〉では、早口言葉のような歌詞とダンスに客席から手拍子がわき起こり、会場が一体となって盛り上がりました。



明日は音楽祭2日目の様子をお届けします!

Comentarios


最近の記事
bottom of page