コロナ禍が気づかせてくれたもの

English text follows the Japanese

いよいよ一部都府県に非常事態宣言が出されました。

先週末4月3日、4日は、文化、言葉、身体の特徴などが異なる世界8ヶ国から音楽を学ぶ仲間たち約250人が集まって「世界子ども音楽祭2020 in東京」が開催される予定でした。

このコンサートの準備をしてきたどの国や地域の小さな音楽家たちは、ベートーヴェン第九交響曲の世界と初めて出会い、むずかしさに不安な気持ちを抱えながらも、次第に魅了されていっていたかと思います。そして、おそらくコンサート前日には、各国の子どもたちやサポートしてくれるアーティストたちと大勢で作り上げていく喜びに触れられるはずでした。

「本当に残念です」、との声がいくつも届きました。

長らく学校へ行けず、コンサートやイベントもおあずけ。そして、エル・システマジャパンの各地の教室もずっとお休みとなっています。

相馬、大槌、駒ヶ根、東京、そして、オークランド(ニュージーランド)、スターリング(英国)、バルキシメト(ベネズエラ)、リオデジャネリロ(ブラジル)、ルアンダ(アンゴラ)、ロサンゼルス(米国)、韓国、フランスの各地も、音楽とともにあった生活を喪失した悲しみ、そして厳しい経済的困難にも直面しています。

こうした機会を押し流してしまった新型コロナウィルス。ほんとうに悔しいことですが、大切だったことを見つめるきっかけを与えてくれているのかもしれません。それは、練習の場が、大好きな歌と表現に触れる時間であり、自らが向上できる喜びであり、先生や学校以外の友達と過ごす機会であり、どれも一人一人の子どもにとって特別な時間だったと思うのです。

顔を合わせ皆で学ぶことの楽しさ、新しいことへの挑戦、つながっていることの安心、わかちあうことの喜び、安らぎを実感する平和。太古の昔から、人が、心や体の繋がりを求め各々の感情を表現しようとしたのが、芸術であり音楽ではないでしょうか?

向き合ってきたベートーヴェン第九交響曲。有名なサビの部分のシラーの詩に、「あなたの魔法の力は、世の中の時流が厳しく分け隔てていたものを、再び結びつける(Deine Zauber binden wieder, Was die Mode streng geteilt)」という部分があります。

新型コロナウィルスは、都市部だけでも、日本だけでもなく、世界規模の大きな試練となってしまいました。

今こそが、誰もが他者を思う時間を持つべきではないでしょうか?戦いの時間は想像以上でしょうが、きっといつの日か克服し、新しい地平を開きうるものだと思います。

まだ確定情報ではありませんが、世界子ども音楽祭は来年3月末での開催を予定しています。仲間と共に「歓喜に寄せて」を奏で、歌えるようになることを信じて、自分を磨き、困難を乗り越えていきましょう!

((一社)エル・システマジャパン代表理事 菊川 穣)

《What COVID-19 teaches us》

World Children's Music Festival 2020 in Tokyo would have been held over the last weekend. About 250 music loving children and young people who have different cultural, language and ethnical backgrounds from 8 countries all over the world, were expected to get together in Tokyo.

Having faced the wonder of Beethoven's 9th Symphony, "Ode to Joy", those young musicians have gradually been fascinated by its beauty whilst being perplexed by its profoundness. Above all, they must have been overjoyed through the preparation process prior to the concert jointly supported by distinguished professional and fellow young musicians.

"Indeed so sad to miss this opportunity!" lamented by some of those young artists.

All of sudden, schooling, concert events and our beloved el sistema inspired music classes are forbidden.

Our children and friends from Soma, Otsuchi, Komagane, Tokyo, Auckland (New Zealand), Barquisimeto (Venezuela), Los Angeles (USA), Luanda (Angola), Rio de Janeiro (Brazil), Sterling (UK) and places across France and South Korea deeply miss the life with collective music and abjectly facedthe reality of social, cultural and economic downfall.

Indeed it is COVID-19 that has compelled us to suffer severely but at the same time we might be able to say that it has also forced us to recognise what is important in our life.

It could be a joy to learn new things together, a challenging sprit, a relaxed feeling through connection, a satisfaction to share something with friends and a peace where your soul can rest.

From time immemorial, human beings have expressed those joy, sprit and feelings through arts and music, haven't they?

Deine Zauber binden wieder, Was die Mode streng geteilt? This famous Schiller's phrase in German, which is from Ode to Joy says, "Your magic re-unites what custom sternly separated."

Covid-19, which is a global pandemic, is indeed imposing a huge hardship upon all of us.

Now is the time to think of others. It must take longer than we think but we shall overcome and reach the new horizon one day.

We are re-scheduling our children's music festival towards the end of March 2021. We wish we could proudly play and sing Ode to Joy!

Let us nourish ourselves and struggle over the challenges.

Yutaka Kikugawa Executive Director / CEO El Sistema Japan

最近の記事