top of page

【東京】互いの歌を聞き合って


11月に出演させていただく「第5回岸和田こなから音楽祭」に向けて、先週からは練習時間が1時間長くなり、子どもたちはより一層ギアをあげて練習を重ねています。


今では、2声、3声とハーモニーを重ねられるようになってきた子どもたち。 先日の吉川真澄先生のレッスンでは、パートごとに歌い、よかったところ・直したほうがいいところを子どもたちが互いに伝えあいました。


「自分はソプラノだから低い音がうまく出せないけど、アルトは低い音をしっかり歌えて、すごいなと思いました」 「最初から声を大きく出せているところがいいと思いました」 「ただ歌うよりも、言葉の意味を考えて歌ったらいんじゃないかな」

と、子どもたちからは次々と意見が出て、よかったところは認め合い、自然と拍手もわき起こっていました。

もっとよくしよう、という改善点も子どもたち自身が見つけ、みんなで意識していこうと、頼もしい姿で練習が進んでいきました。

________________________________ 「東京子どもアンサンブル」へ拠点別の寄付も行うことができます。 こちらから。 https://readyfor.jp/projects/fesjmonthly



Comments


最近の記事
bottom of page