相馬管楽器教室 初めての全員アンサンブル


相馬の管楽器教室では現在、年末に発表すべくシュトラウスの「13管楽器のためのセレナード」に取り組んでいます。


これまでのパート内でのアンサンブルの枠を超えて、開講している全パート : フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンの子どもたち全員での挑戦です。いつもは個人レッスンですが、昨日からはパート練習のためみんな同じ時間に。


中でも小学生、中学生、高校生が揃っているのがホルンパート。各自得意なところは頑張り、まだ追いつかないところは山本先生のご指導のもとカバーし合いながら進めていきます。それでも、4本のホルンが掛け合いながら出てくるところなどは、自分一人かと思うと不安になってしまって音が出なかったり・・。


まだ課題はたくさんありますが、初めての管楽器アンサンブルが充実したものになるよう、練習を重ねていきます。


子どもたちの音楽活動を広げていくために皆様のご支援を必要としています。

最近の記事