世界子ども音楽祭 日本の子どもたち 大槌子どもオーケストラ



 2011年の東日本大震災を受け、被災地の子どもたちが「音楽を通して生きる力を育む」ことを目指して設立された、エル・システマジャパン。今回は、岩手県大槌町を拠点とする、「大槌子どもオーケストラ」の活動を紹介します。

https://www.elsistemajapan.org/otsuchi-childrens

岩手県上閉伊郡大槌町は岩手県沿岸地方に伝わる「虎舞」に代表される郷土芸能が盛んな土地です。2011年に起きた東日本大震災では、1286名の方が命を落とし、人口あたりの死者・行方不明者数では東北3県被災自治体のなかでも最悪といえるほどの深刻な被害を受けました。

エル・システマジャパンは2014年に大槌町と協定を結びました。学校のクラブ活動への支援から始まり、放課後英会話教室、弦楽器教室が誕生しました。『大槌町民文化祭』や町内で開催されている『風の電話音楽祭』に参加するなど地域とともに震災後を歩んできました。

この1年は新型コロナウイルスの影響で出演予定のイベントが中止や延期となりました。そのような状況下でも昨年12月には『大槌子どもオーケストラ クリスマスコンサート』を行なうことができました。オンラインでの練習、オンライン生配信と初の試みが盛りだくさんでしたが、2020年の集大成として無事成功をおさめることができました。

3月29日におこなわれる『世界こども音楽祭 2021 in TOKYO』でも画面越しに元気いっぱいの姿を見せてくれるでしょう。

☆世界子ども音楽祭2021 in 東京 仲間とともに奏で歌い、困難を乗り越える☆ チケット発売中!


最近の記事